ohmakomo

makomo

ohmakomo

(makomo)

「マコモ」は日本ではゆかりが深く、古事記や日本書紀にも「真菰(マコモ)」が登場するほど、食用や薬用として用いられ、親しまれていたイネ科の植物です。

大きいもので1〜2メートルほどまで成長し、マコモを栽培すると、その土地の土と水を浄化してくれると言われており、
日本では現在でも全国の川や湖の水辺で見ることができます。

また、古来より“神が宿る草”と言われ、各地の神社で御神体や霊草としても使われてきました。

一般的には
・消化器官の運動を促進する
・腸内善玉菌を増やして慢性疾患を予防する
・血圧や血糖値の上昇を抑制する
・免疫力や抵抗力を高める
など、現代日本人の悩みに役立つ効果が期待されているのです。
またマコモの葉には体内の毒素や老廃物を体外に排出する作用があり、血液の浄化や自然治癒力を高めるなどの働きが期待されています。

マコモには、普通の食生活で不足しがちな食物繊維、ビタミン、ミネラル、クロロフィル(葉緑素)などが含まれています。また、ビタミン、ミネラル、食物繊維、クロロフィル(葉緑素)等が豊富で、ビタミンA、C、Eやカロチン、葉酸においては、人参、ピーマン、ほうれん草よりも多く含んでいます。

こちらの商品はマコモを収穫したその日のうちに蒸して、手もみし、乾燥させたものです。
葉の緑も綺麗で、心地よい香りがします。

使い方は簡単
<マコモ水の作り方>
・水1リットルにマコモ葉2.5gをいれて、煮出してください。
煮出したお湯をそのままもしくは、冷ましてお使いください。マコモ葉は繰り返し使えます(※)
※味は薄くなりますが、マコモ菌の効果は期待できます。
・水にマコモ葉を入れ、8時間以上浸してください
<マコモ水の使い方>
・飲用に(そのまま・お茶やコーヒーなど)
・出汁として
(味噌汁、スープ、カレーなどのベースに)
・炊飯に
・発酵のベース水として
・化粧水、アロマ水として
・空間の浄化に

2.5
在庫状態 : 在庫有り
¥500(税別)
数量